機神咆吼デモンベイン
ワールド
舞台背景
相関図
キーワード
キーワード

鬼械神−デウスマキナ−

鬼械神−デウスマキナ−神の模造品とも呼ばれる、最強の力を持った魔導ロボットの総称。その構造は、現在の魔術理論では分析できないオーバーテクノロジーの結晶である。
魔導書によって招喚され、魔術師はパイロットとして鬼械神を操る。魔導書の属性によってその性能や兵装に違いが生じる。


魔導書

魔導書魔術師に力を与える、様々な呪法や異界の神々について記述された一連の書物。それ自体が力を持ち、未熟な者が手にすれば破滅もあり得る危険な書である。高位の魔導書は自らの意思を得て、精霊化し人の姿に変化するものも存在する。そして最も強大な魔力を持つ魔導書たちは鋼の巨神「鬼械神」を招喚し、所有者に最強の力を与える。


魔術師

魔術師世界の法則を学び、その一部を書き換えて奇跡を起こす者たち。異界の神々の力を借りて、超人的な能力を発揮する。彼らがその力を行使するためには魔導書との契約を必要とする。
高位の魔導書と契約した魔術師の中には、鬼械神を招喚、操縦する者もいる。


FlashPlayerダウンロード
(c)角川書店 / デジターボ / (c)Nitroplus 2004-2006