機神咆吼デモンベイン
ワールド
舞台背景
相関図
キーワード
舞台背景

アーカムシティ

アーカムシティ合衆国にある、世界の中心と呼ぶべき大都市。
魔術理論の最先端。
元は田舎町だったが、『覇道財閥』の投資によって巨大化した。だが繁栄を極める一方で治安は悪化し、住人は魔術結社『ブラックロッジ』の脅威に脅かされている。
今日もまたデモンベインが、破壊ロボが、正義の超人が、悪の魔術師が、入り乱れ激突する、大黄金時代にして大暗黒時代にして大混乱時代の街。


覇道財閥

覇道財閥覇道鋼造が一代で築き上げた大財閥。
アーカムシティを発展させた、事実上の街の支配者。
街を『ブラックロッジ』から守るため、デモンベインを製造する。
現在の総帥は鋼造の孫娘、覇道瑠璃。


ブラックロッジ

ブラックロッジ大魔術師マスターテリオンを首領に掲げる、アーカムシティ最大の犯罪結社。
「実践こそが魔術の本質」を理念とし、信徒たちは自らの欲望のおもむくまま犯罪に手を染める。
アーカムシティで起こる凶悪犯罪のほとんどに、何らかの関わりを持つ。


FlashPlayerダウンロード
(c)角川書店 / デジターボ / (c)Nitroplus 2004-2006